Android デジカメ 「 COOLPIX S800c 」の魅力と用途を探してみた

公開日: : その他

何事も両立というのは困難で中途半端になりがちですが

今回、ニコンが「Android x デジタルカメラ」という試みをしています。

Androidの柔軟性と楽しさを求めるユーザー

デジタルカメラのシンプルさ や機動力を求めるユーザー

満足を提供できるのでしょうか、期待とともに調査結果を記録します。

COOLPIX-S800c-01

スポンサーリンク

Android カメラ 「 COOLPIX S800c 」を知る

Androidユーザーとしては、撮影した画像を加工して

クラウドにアップロードまたはブログに掲載なんか出来ると幸せになれます。

「 COOLPIX S800c 」のディスプレイ

COOLPIX-S800c-02

  • 背面は3.5型有機ELディスプレイ
  • タッチパネルは静電容量式
  • ハードボタンとしてMENU・ホーム・戻るの3つを用意

最近のデジカメも液晶画面が大きくなってきているため

違和感なく使えるような感じがしました。

「 COOLPIX S800c 」のスペック

スペックはお世辞にも良いとは言えない内容ですが

デジカメのAndroidに何を求めるかによっては十分という考えもあります。

<カメラ部門>

  • 1/2.3型有効1,602万画素の裏面照射型CMOSセンサー
  • 35mm判換算25-250mm相当F3.2-5.8の10倍ズームレンズ

<Android部門>

  • 発売は9月27日
  • Android 2.3
  • CPU:1.6GHzシングルコア Coretex-A9
  • ストレージ:4GB
  • RAM:512MB
  • IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LANを搭載
  • Bluetooth 2.1+EDR
  • A-GPS対応のGPSも搭載
  • SDXC/SDHC/SDメモリーカードに対応
  • miniHDMIポートとUSBポート(独自形状)
  • 付属の専用ケーブルでのみ充電やデータ転送が可能
  • 専用ケーブルはUSB経由での充電も可能

GPSや無線LAN、HDMIポート、そしてUSB経由で充電ということで

アクティブな使用に向いていますね

その他にBluetooth対応もポイントが高いと思います。

しかし、RAMが1GBあれば撮影した写真を、その場で

画像編集できたかもしれないと残念なところもあります。

スペックは、相当過去の内容ですね。

<Antutuのスコア>

ベンチマーク・アプリ「Antutu」で計測した情報によると

3,600~3,610程度ということでスペックの低さが悔やまれます。

「 COOLPIX S800c 」の面白い機能

Androidとしてはニコン仕様になっておらず

自由にアプリがインストール可能ということです。

FacebookやTwitterアプリを導入しておけば

リアルタイムの写真投稿が可能になりますね。

また、Ustreamへのライブ配信が可能ということです。

(フォーカスやズーム機能が使用できないということです。)

その他にもBluetoothヘッドホンで音楽が聴けるのも面白いと思いました。

しかし、Bluetoothプロファイルは、A2DPだけになっていて

残念ながら音声通話は非対応となっています。

「 COOLPIX S800c 」の感想

COOLPIX-S800c-03

今回、調査したところ「 COOLPIX S800c 」の使い道がわかってきたような気がします。

一つは「仕事用」だと思います。

もちろん、カメラマン等の話ではなく工事現場や視察といった用途や

1つで撮影からアップロードまで行えるということでブログ等にも有効ですね

「Android搭載のデジタルカメラ」と考えると大きな期待をしてしまうため

「Wi-Fi搭載のデジタルカメラ」という視点で捉えると楽しめると思いました。

価格の記録

2012/10/09時点での実売価格です。

その他の記事一覧へ

  

スポンサーリンク