中華スマホ5インチ対決!新登場「 CUBE U80GT Mini 」と現行2機種をスペック比較

公開日: : 海外スマホ

新しくCUBE U80GT Mini が登場しました。

現行で人気の2機種より進化を遂げていて、発売が待ち遠しいと思えました。

今回は、3機種をまとめてスペック比較してみました。

比較対象

  • CUBE U80GT Mini
  • 原道 N50
  • UZONE F5豪華版

U80Mini

スポンサーリンク

中華スマホ5インチ対決!スペック比較

CUBE U80GT Mini 以外は既に販売されています。

cube-u80gt-mini-spec-hikaku

スペック比較をした感想

現行2機種に比べると「CUBE U80GT Mini 」のスペックは安定しています。

まず、デュアルコア搭載にRAM1GBとなっており

7インチ・タブレットと比較しても引けをとらないスペックです。

また IPS液晶で解像度が「960×540」と見劣りしません。

カメラの画素数も高く、妥協している印象はありません。

気になること

ただ気になるのは、BluetoothやGPSの記載がないことです。

同時に発表された7インチの「CUBE U80GT」には記載がありますが

「CUBE U80GT mini」に関しては記載が見当たりません。

SIMスロットへの期待

以前、コメントいただいたUZONE F5のように

日本のIIJmioなどMVNOが使用できるなら

デュアルSIMスロットを搭載している「CUBE U80GT mini」は

とても面白い中華スマホとなります。

たとえば、データ通信専用SIMを1枚挿しておき

もう一枚のSIMスロットにはMNPで余ったSIMを入れておき

待受専用の電話としても活用できそうです。

これは楽しそう!!

(SIMを間違えてパケ死しないように気をつ。。。。。)

デュアルSIMという文化が根付いていない日本で

使用できるようになれば、驚きとともに歓迎されるでしょう。

ハイエンドな中華スマホの情報が行き交うなか

近いうちに手に入りそうで、堅実なスペックの「CUBE U80GT mini」は

今後も注視したいと思いました。

実売価格の記録

2012/09/23時点の価格です。

海外スマホの記事一覧へ

  

スポンサーリンク

最新記事