NTTドコモ、iPhone販売で「スリートップ戦略」見直しへ

公開日: : ドコモ ,

 NTTドコモが米アップルの新型スマートフォン『iPhone』を販売するため、2013年冬モデルで展開を検討していた「スリートップ戦略」を見直すと日刊工業新聞が報じています。

docomo-logo

スポンサーリンク

NTTドコモ、「スリートップ戦略」見直しへ

 同紙によると、NTTドコモが2013年冬モデルではスリートップ戦略で臨む方針で計画していたが、正式に決定しない状態で、iPhoneの取り扱いが始まれば実質的にワントップになる可能性を伝えています。またNTTドコモの加藤薫社長の発言としてスリートップを正式に決まっていないと述べたと伝えています。

 これまで加藤薫社長はiPhoneの販売量について「全体の2~3割程度」であれば取り扱いを検討すると述べており、国内メーカーへの支援策も実施される可能性も考えられます。

Source:日刊工業新聞

ドコモの記事一覧へ

  

スポンサーリンク

最新記事