ドコモ 通訳電話サービス「はなして翻訳」は、10か国語に対応予定

公開日: : 調査報告

ドコモは11月1日より、通訳電話サービス「はなして翻訳」の提供開始するとのことです。

10月4日に千葉市の幕張メッセで行われた展示会「CEATEC JAPAN 2012」にて

「米国メディアパネル・イノベーションアワード」のグランプリを受賞していて

通信キャリアとしては世界初の試みとして期待が集まっています。

docomo-hanashite-tuuyaku

スポンサーリンク

ドコモ 通訳電話サービス「はなして翻訳」とは

端末一台で交互に話すことで、母国語でコミュニケーションをとることができるというサービスです。

クラウド経由で通訳処理を行うため、スマートフォンの性能に関わらず

高速かつ高精度な通訳が可能になる仕組みです。

現在、英語・中国語・韓国語の3か国語に対応しており

11月以降には、以下の7か国語に対応する予定ということです。

  • ドイツ語
  • フランス語
  • イタリア語
  • スペイン語
  • ポルトガル語
  • タイ語
  • インドネシア語

「はなして翻訳」の利用方法

  • 専用のアプリをインストール
  • アプリや通訳機能は無料で提供
  • 通話料および通信料のみでサービスを利用することができる

「はなして翻訳」の利用条件

  • 発信者側はドコモの加入者であること
  • spモード又はmopera Uの契約が必要
  • 「通話利用」なら発信者側はAndroid2.2以上が必要
  • 「通話利用」なら着信側は携帯電話や固定電話でも着信が可能
  • 「対面利用」ならAndroid2.2以上が必要

ドコモのネットワーク経由が必須ということで

ドコモの顧客離れを食い止めるキラーサービスになるでしょうか

iPhone 5 に続き、KDDIからiPad mini まで

販売するかもしれないという日経新聞の報道もあり

ますます苦境に立たされそうなドコモ

コンテンツ・サービス販売で巻き返しできるのか注目がしたいですね。

Source :  Docomo

調査報告の記事一覧へ

  

スポンサーリンク

最新記事