新型iPhone、『FOMAプラスエリア』に対応

 NTTドコモは9月14日、米アップルの新型iPhoneのサービスエリアを公開し、「FOMAプラスエリア」が利用できると記載しています。

docomo-foma-plus-area-support

スポンサーリンク

新型iPhone、『FOMAプラスエリア』に対応

 これまで800MHz(Band19)はスペック表から明らかになっていましたが、NTTドコモによる公式ページでFOMAプラスエリアが利用できることが判明しました。

 NTTドコモは昨日、「mopera」利用について「iPhoneの通信プランはspモード専用となるので利用できません。」と回答しており、FOMAプラスエリアが利用できる ドコモMVNO(IIJmioなど)がiPhone本体で利用できない可能性があります。

<前回の話>
ドコモ、新型『iPhone』でMVNOが使えない可能性―SIMロック解除の対象外 | タブクル

国内スマホの記事一覧へ

  

スポンサーリンク

最新記事