改めてF-12Cの用途と限界を考える

公開日: : 国内スマホ ,

F-12Cは、2011年 8月 7日に富士通から発売されたスマートフォンですが

中古の値段も下がらず根強い人気機種になっています。

人気の秘訣を考え、更に2011年発売のスペックによる限界時期を考えてみます。

スポンサーリンク

現在、F-12Cは中古でいくらなのか

記事投稿時に調べたところ価格コムでは、¥10,200~となっていました。

auのデュアルコア端末が1万円を切っている中

中古でシングルコアのF-12Cにしては強気の価格です。

では何故、白ロム販売業者は強気の価格なのでしょうか

F-12Cであることのメリット

F-12Cが高値なのは人気があるからです。

その人気の理由をリストにしてみました。

  • SIMロック解除でイーモバイルが使える
  • 防水である
  • デザインが良い
  • 同時期の防水スマホよりバッテリーが微妙に多い
  • ATOKがプリインストール
  • SPモードでなくてもテザリングが出来る

イーモバイルに使えることが大きな要因ですね

F-12Cのスペック比較表

同時期に発売されたスマートフォン同士でスペックを比較してみました。

タブレットも入っていますがスマホだけ見てみますと

軽さもあり、防水でイーモバイル対応ということで

F-12Cの人気が伺える内容です。

ただ、すでにデュアルコアが主流で、更にクアッドコアも出始めています。

そんな中、F-12Cはシングルコアとスペックでは完敗しています。

しかし、ルーターとしてメールや電車チェックとしてなど

シンプルな使用方法を考えるなら、有力な選択肢だと思いました。

国内スマホの記事一覧へ

  

スポンサーリンク