続々・水没した携帯電話のラストストーリー

公開日: : 最終更新日:2012/09/29 国内スマホ

続 ・ 水没した携帯電話のラストストーリー」の話に進展がありました。

Willcomショップより「代替え機が届いた」という連絡がありました。

wx01k

スポンサーリンク

新しいMyPHSはスウィーティアではなかった

ハニービーの壮絶な最期を看取り

修理の見積り期間限定でスウィーティアをお借りしていました。

その後、水没は全損として「21,000円」を請求されましたが

Willcom店員さんの提案で「長期代品貸出サービス」を適用に話が進み

そのまま「ピンク」のスウィーティアを私が使うことになっていたのですが

やっぱり仕事上、ちょっとピンクでキラキラの携帯はマズイということで

何とかお願いをするも、やはり無理ということでした。

しかし、偶然にも同じような水没代替え機を使用されている方の

在庫が回ってくるかもしれないということです。

ラッキー!!!

きっと、Nexus 7の不運(タブクル参照)が巡り巡って

幸せを運んできてくれたのかも知れません。

ありがとう、Willcomショップの店員さん!!

本当に粘り強く探していただいて。。。

電話をしていただけなのに何か友情のような何かが芽生えました!

「見つかりましたょ~」

あの感動、忘れません。(ブログに残しときます)

新しい相棒の名前

新しいPHSの端末名は、「WX01K(製品ページウィルコムストア)」です。

なんとWX01Kは、ハニービーやスウィーティアよりも高額商品です。

  • (水没)ハニービー:月額980円×24ヵ月(23,520円)
  • (代替)スウィーティア:月額1,180円×24ヵ月(28,320円)
  • (新着)WX01K:月額1,480円×24ヵ月(35,520円)

これが代替え機の費用だけとは。。。

ありがたや~

WX01Kで良くなったところ

ハニービー3からは相当良くなっていますが

スウィーティアと比べても機能・スペックともに上回っています。

バッテリーや画面サイズ、カメラの性能と全てにおいてパワーアップです。

電話するだけのPHSと思っていたので気にもとめていませんでしたが

なんと、SDスロットの有無が存在していたのです。

さらに今回、ハンズフリー機能までついていて(今までなかったことに)驚きました。

あまり使わないといえば使わないのですけどね。。。

編集後記

不運の後には運が向いてくるものですね

「ピンクの電話」だとネタにしかならないので。。。

あっ、、、

電話で盛り上がって確認を忘れていましたが

代替え料金は3,150円のままでいいのだろうか。。。

明日、判明するからいいや

追記。。。(2012年9月29日 0:27

終・水没した携帯電話のラストストーリー

国内スマホの記事一覧へ

  

スポンサーリンク