5インチ真打ち登場か HTC「One X+」はクアッドコア,SIM搭載

公開日: : 海外スマホ

台湾のスマートフォン会社 HTCが提供する「HTC One X」の後継機種とされる

「HTC One X+」(開発コード「Endeavour C2」)の発売が9~10月とされ

クアッドコアCPU、SIMスロット搭載といったスペックも明らかになってきました。

htc-one-x-plus

スポンサーリンク

気になる「HTC One X+」のスペック情報

  • 1.7GHz駆動のクアッドコアCPU、Tegra 3搭載
  • バッテリーの改良
  • 端末カラーは、従来の黒・白に加え新色を追加
  • Urbeatsイヤホンを付属
  • HTC One Xとアクセサリーの互換性がある
  • SIMスロットは3G,4G,LTEに対応
  • アメリカでは通信2番手「ベライゾン」と提携予定
  • Android4.1搭載
  • NFC搭載
  • 5インチ画面

「HTC One X+」への期待

アップル「iPhone」の次世代機を超えるハイスペックとされ、業績回復を担う機種として

大いに期待されている「HTC One X+」ですが英国で9月発表し10月発売を目指すとされ

日本発売の有無、通信キャリアとの提携も気になります。

HTCの業績低迷が続く中の本気が伺える新機種投入です。

価格をはじめ、重量、キャリアと気になることも多い機種ですが

「HTC One X+」の登場は、5インチが注目されていることを再認識する機会を与えてくれます。

5インチ「HTC One X+」対7インチ「iPad mini」

一方、7インチの「iPad mini」もまた発売日が近づきハイスペックぶりも明らかになりました。

10インチが注目されつつある中、小型タブレットの争奪戦が始まっているように感じます。

7インチと5インチのどちらに軍配が上がるのか非常に気になります。

Google,Appleが7インチを選択しています。

サムスンやHTCは5インチを選択しています。

タブレットの用途は広がり続けています。

メインの戦場は7インチ、局地戦は5インチといったところでしょうか

「iPad mini」の記事は7インチなのでタブクルで書いています。

海外スマホの記事一覧へ

  

スポンサーリンク

最新記事