iPhone 5 テザリング 開始が12月15日に前倒し、業界2位へ 会見の内容を振り返る

公開日: : 最新動向

既報の通り、10月1日夕方に共同記者会見で経営統合を正式に発表しました。

ブランドとして、イー・モバイルは残し、バックボーンは共用」ということで

完全にKDDIの背中を捉えたソフトバンク・グループですが

今回の買収で何が起こり、どうなっていくのか会見を振り返って見たいと思います。

sotbank-eaccess

スポンサーリンク

突然の「イー・アクセス買収劇」会見の内容を振り返る

会見にはソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏

ならびに、イー・アクセス代表取締役会長の千本倖生氏が登壇しています。

ソフトバンクの孫社長は、「基本合意ということではなく、株式交換比率など細部も含めてすべて決めた」として

年内までにイー・モバイルの完全子会社化を目指す予定とのことです。

買収を持ちかけたのは孫社長で「強烈にラブコールした」ということです。

正式に統合提案することを決断したのは9月19日にテザリング解禁を決めた際とのこと

8月末の契約者数

ソフトバンク・イー・アクセス2社の合計:3911万人

KDDI(au):3589万人

としてソフトバンクが業界第2位となったことを発表しています。

株式関係の話

経営統合は株式交換で行うとして

イー・アクセスの株主にソフトバンクの株式を交付(比率は後述)

イー・アクセスは2013年2月25日に上場廃を予定

<買収価格>

  • 株式取得額1802億円と
  • 純有利子負債の1849億円(6月末)の
  • 合計3651億円

<交換比率>

イー・アクセス株式の評価額を1株5万2000円として

ソフトバンク株式の3カ月間の平均終値である1株3108円で割った16.74となるそうです。

<余談>

  • 孫社長
    顧客基盤の強化やネットワークの共用による統合のシナジー効果が
    3600億円にのぼるとの試算を示して「評価額は決して高くない」
  • 千本倖生会長
    もともと今の株価は不本意だったが
    株主にソリューションを提供することができた。
    5万2000円の価格は妥当

テザリングの解禁が前倒しに

当初、来年1月15日から解禁するとしていたテザリングの開始予定が

今回の買収により12月15日開始と前倒しすることに成功しています。

孫社長は、爆発的にデータ量が増えるテザリングに対して

「イー・モバイルと経営統合することで安心して解禁できる」と述べていることからも

ソフトバンク・ユーザーにとっては吉報ですね。

データ通信が主力であるイーモバイルの活用手腕に注目が集まります。

昨日の敵は今日の味方です。

最新動向の記事一覧へ

  

スポンサーリンク

最新記事