原道 N50 (Android4.03)で root化 の失敗から原因を探る

公開日: : 原道N50

先日、導入したカスタムROM(ファームウェア)「N50-4.03-20120606-ALL」ですが

ネット上で root化 に失敗した例があり断念された方もいらっしゃるようです。

特に私も所持している 原道 N50-GT の方が苦戦しているようです。

(DTとGTの違いはパネルだけという話も小耳にはさみましたが)

今回、色々と試したところ何がダメなのか改善する方法がわかりました。

画像付きで原道N50 (Android4.03)で root化 のエラー事例と改善策を記録します。

ここは失敗したときの原因を探るページです。絶対実行しないようにお願いします。

n50-root-stop2-01

スポンサーリンク

原道N50 (Android4.03)を root化 に挑む

root化する上で重要なポイントがあります。

実行する環境のバージョンです。

異なるファームウェアやexeファイルでは動作に失敗しました。

root化の前に以下の環境を構築できていることが前提条件になります。

  • android-sdkがインストール済みであること
  • PC側のデバイスマネージャーでドライバーが正しく認識されていること
    名前が「Android ADB Interface」となっていること
    n50-root-01-01

次に実行に必要な条件やファイル等です。

  1. 原道 N50の導入済みファームウェア:「N50-4.03-20120606-ALL」
  2. 【入手】root化ツール:「SuperOneClick 2.3.1」

それぞれの解説

「1」が異なる場合は、ここでの説明通りに進まず最悪の場合、文鎮化するかもしれません。

「2」がとても重要で、バージョンが異なってもエラー、同じバージョンでもダウンロード元により
ファイル群が異なりエラーになります。例を上げますと。。。(リンクはダウンロード先です)

  1. 【エラー】SuperOneClickv2.3.3-ShortFuse(皆さんエラーのようです)
  2. 【エラー】SuperOneClickv2.3.1-ShortFuse(成功した方もいます。。。)
  3. 【前に進める】SuperOneClick 2.3.1(成功報告が比較的多い)

上の3で【前に進める】と記載しましたが、実際はダウンロードしただけでは前に進めません。

前に進むためには、以下の2点が重要なポイントでした。

    1. ドライバーファイル:「android_winusb.inf」
    2. ADBファイル:「adb.exe」

いずれも動作しているandroid-sdkからコピーしてきます。

既存の同名ファイルはアンダーバーをつけて「_adb.exe」等へ名前を変更しておきます。

「SuperOneClick」を実行する前の準備

原道 N50 側でシステム設定を行ないます。

  1. メニュー「開発者向けオプション」から「USBデバッグ」にチェック
  2. メニュー「開発者向けオプション」から「擬似ロケーションを許可」にチェック
  3. メニュー「セキュリティ」の項目「提供元不明のアプリ」にチェック
  4. メニュー「ストレージの右上にあるアイコン(USBでパソコンに接続)」から
    「メディアデバイス(MTP)」にチェック

以上の設定が終えてからUSBを繋げます。(電源ONの状態です。)

root化への5つの関門(エラー事例)

  1. SuperOneClick実行後、すぐに「応答なし」になるケース
    ドライバーファイル「android_winusb.inf」のコピー
    「SuperOneClick」をダウンロード後、初期状態のまま実行すると
    「応答なし」でツールが停止状態になります。
    そのため、android-sdkからドライバーファイル
    「android_winusb.inf」をコピーしてきました。
  2. 下の画像にある2行目「Starting ADB Server」で止まるケースは
    以下のいずれもが該当しそうな致命的な問題を抱えています。
    n50-root-stop2-02
    ・Driverフォルダの「android_winusb.inf」の問題
    ・「adb.exe」のバージョン違い
    ・SuperOneClickのバージョン違い
    ・USBドライバーのエラー
  3. SuperOneClickのバージョンが異なると途中で止まるエラーを紹介します。
    延々とループしているので「x」を押して閉じました。
    n50-root-06
  4. エラー事例3を乗り越えても安心はできません。
    下の画像では、「Rooting device..- Step #5」で延々とループしています。
    n50-root-stop2-01
  5. 最後に厄介なケースです。
    何度も試すうちに気づいたことですがゾンビが発生します。
    正確にはゾンビプロセスです。
    n50-root-stop2-03
    これは「SuperOneClickv2.3.3-ShortFuse」をテストしていた際に
    フォルダを削除しようとしたところ発覚しました。
    Windows曰く「実行中のためフォルダを削除できません。。。」
    Windowsタスクマネージャーを起動して「Super」と入力すると3体もゾンビが!!
    ツールの画面は閉じたように消えて見えませんが
    バッググラウンドでは元気に活動していました。
    怖いですねぇ、恐ろしいですねぇ

1つずつエラーを試す旅がはじまった

何の修行でしょうか、エラーを試す旅がはじまりました。

なんてこった。。。

ADBファイルのコピー

android-sdkからファイルをコピーしてきました。

(1)「SuperOneClickv2.3.3-ShortFuse」に対してテスト

  1. 「adbフォルダごとコピー」はエラー事例1でSTOP
  2. 「adb.exeだけコピー」はエラー事例1でSTOP
  3. 「sdkのadbフォルダにSuperOneClickのDLLファイルをコピー」はエラー事例1でSTOP

(2)「SuperOneClickv2.3.1-ShortFuse」に対してテスト

  1. 「adbフォルダごとコピー」はエラー事例1でSTOP
  2. 「adb.exeだけコピー」はエラー事例1でSTOP
  3. 「sdkのadbフォルダにSuperOneClickのDLLファイルをコピー」はエラー事例1でSTOP

(3)「SuperOneClick 2.3.1」に対してテスト

  1. 「adbフォルダごとコピー」はエラー事例2でSTOP
  2. 「adb.exeだけコピー」はエラー事例4でSTOP
  3. 「sdkのadbフォルダにSuperOneClickのDLLファイルをコピー」はエラー事例3でSTOP

テストの結果、「SuperOneClick 2.3.1」が本命で

かつandroid-sdkのadb.exeファイルさえあればよさそうです。

ちなみに、この時ゾンビ3体に気付きました。

とりあえず次の戦いではroot化したいですね

原道N50の記事一覧へ

  

スポンサーリンク