P-01DでFusion050IP電話は使えるか検証してみた

公開日: : 国内スマホ

現在、P-01DにIIJmioを挿して運用中のため音声通話ができません。

そこでFusionの050IP電話サービスを利用してみたいと思います。

p-01d-zoiper-setting00

スポンサーリンク

P-01Dで050IP電話を使う

はじめに環境を記録しておきます。

  • P-01Dのバージョン:v0.68
  • 通話先:Willcom(PHS)
  • SIPアプリ:zoiper
  • コーデック:speexのみ

SIPアプリはSIPアカウントに対応した電話アプリのことです。

アプリ「zoiper」はGoogle Playからインストール可能です。

Zoiper設定手順

基本的にAndroid2.3と4.0では設定内容が同じでした。

詳しい設定手順はタブクルをご覧ください。

[図解]Android版Zoiper設定 L-06C & IIJmioでFUSION IP-Phone SMART導入期(2)

「FUSION IP-Phone SMART」を使ってみた

色々なパターンでテストしてみました。

便宜上、PHSではなく携帯と書いています。

  • 【マナーモード解除での受信】:着信音がなり傍目にzoiperだとはわからない
  • 【マナーモードでの受信】:バイブが反応して画面も点灯しました。
  • 【携帯からの声】:問題なし
  • 【P-01Dからの声】:ほんの少し割れ気味だが問題なし
  • 【通話に出なかった時】
    画面上に赤い受話器のマークが表示されて
    上メニューを展開させると「Missed call」という案内とともに
    相手の電話番号が記載されている
    image

P-01DでFusion050IP電話は使えるか

先日、タブクルでOptimus Pad L-06Cを試しましたが

P-01Dは、それ以上に音声が良かったと思います。

正直、驚きました。

やはりSIMスロット搭載とはいえ

データ専用タブレットとスマートフォンの違いでしょうか

とりあえず問題なく使えます。

音声の遅延も気になりませんでした。

声が大きい人は割れ気味になるかもしれませんが

一般的な用途では十分合格だと思いました。

これでIIJmioの月額料金945円で050通話とネットし放題になりました。

もちろん発信すればFusionから請求がありますから

待ち専用もしくは軽く発信する方向けですね

P-01Dが4,900円で購入できたことを考えると恐ろしい時代になりましたね。

国内スマホの記事一覧へ

  

スポンサーリンク

最新記事