通信キャリア各社のテザリング料金 まとめ [2012年9月版]

公開日: : まとめ

iPhone 5 登場後はテザリングの話が多くなっています。

auがテザリング解禁を唱えると対抗するSoftBankもまた

孫社長の「やりましょう。」で話題を呼びました。

しかし、テザリングといっても料金や制限が異なります。

今回、docomoとSoftBank、そしてauのテザリングに関する

料金をはじめ利用条件、対応機種について まとめてみました。

softbank-au-iphone5-tethering

スポンサーリンク

通信キャリア各社のテザリング料金を調べてみた

ドコモに iPhone 5 はありませんがテザリング解禁済みのため掲載します。

ドコモ(docomo)のテザリングとは

ドコモでテザリングしたい場合は以下の条件が必要です。

  1. 対応機種が必要
  2. パケット定額サービスへの加入(パケ死防止)

では定額サービスの料金や対応機種を見てみたいと思います。

「料金」データ通信と利用制限

  • 【Xi回線】Xiパケ放題フラット:月5985円
  • 【FOMA回線】パケ・ホーダイ フラット:月5460~8190円
  • 利用制限:月間7GB以上で利用制限の対象

テザリング対象スマートフォン及びタブレット

  • AQUOS PHONE st SH-07D
  • ELUGA V P-06D
  • GALAXY S III SC-06D
  • ARROWS X F-10D
  • REGZA Phone T-02D
  • ARROWS Tab LTE F-01D
  • MEDIAS TAB UL N-08D
  • GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D

ソフトバンク(SoftBank)のテザリングとは

「やりましょう」の後、発表内容では2013年1月15日から

ソフトバンクのテザリングが解禁されるようです。

「料金」データ通信と利用制限

  • テザイング・オプション:月額525円
  • 「パケットし放題フラット for 4G LTE」:月額5460円(2年間)
  • 1月のデータ量は7GBまでの制限
  • 7GBを超えた場合は通信速度が送受信最大128kbpsに制限
  • 2GBごとに2625円を追加で払えば制限なく利用可能

MVNOのクーポン方式と同じような課金制度を採用しているようですね

ドコモとも価格差がなく、よく考えてるなという印象です。

ソフトバンクらしいキャンペーンがあります。

その名も「4G/LTEスマホ家族キャンペーン」です。

スマートフォンから4G/LTE対応スマートフォンに機種変更した場合

それまで使っていたスマートフォンを家族が使えば

パケット定額料を2年間1980円に値下げする

その他にも「スマホ下取りプログラム」もあります。

テザリング対象スマートフォン及びタブレット

対象機種についての詳細は発表されていませんが

テザリングが使えるのはiPhone 5を含む4G/LTE対応のスマートフォン

ということです。

KDDI au のテザリングとは

WiMAXとの連携によるテザリング対応のサービスを展開していますが

今回、新たに4G/LTE向けのテザリングを発表しています。

「料金」データ通信と利用制限

  • LTE NET 315円
  • 基本使用料 980円
  • パケット定額 5460円(iPhone 5特別価格)
    パケット定額は2012年12月末までに加入する
    『LTEフラットキャンペーン』適用時の価格

月額料金にして6755円です。

男子も使える女子割を利用すると月額5775円になります。

テザリング比較 まとめ

通常のテザリング回線と考えるならドコモXiが良さそうですが

iPhone 5 によるテザリング祭りとも言える今回のキャンペーンで

SoftBankとauも期間限定の割引を強化しています。

上手く波を乗りこなさせる方は

SoftBankとauのテザリングでスマートに活用できるかもしれません。

遅くても良い、色々と技術的な労力を厭わないのであれば

ドコモのMVNO各社が展開する激安データ通信SIMカードをお薦めします。

端末はもちろん白ロムです。

スマ部では白ロム5,000円程度で購入し

ドコモMVNOのIIJmio月額945円でデータ通信・テザリングを行なっていますが

ファミリークーポンもあり今のところ、困ったこともなく快適です。

しかし、ドコモなどで解約できないSIMカードがある方には

今回のテザリング祭りはチャンスかもしれませんね。

まとめの記事一覧へ

  

スポンサーリンク