水没した携帯電話が復活した軌跡と3つの都市伝説

公開日: : 裏ワザ ,

それはキャンプから帰宅した直後には起きていました。

そしてネットの都市伝説を信じたことが復活のポイントでした。

honey-bee-wx331k

スポンサーリンク

PHS(携帯電話)の水没フロー(プロローグ)

機種:Willcom(WX331K)

はじめに状況を整理してみます。

キャンプからの帰宅で全員がオツカレモードだったのがトリガーだったと思います。

  1. キャンプから帰宅
  2. 脱衣所でマイズボンを脱ぎ置いておく(ポケットに電源ONのPHS在中)
  3. 家族がマイズボンを洗濯機に入れスイッチON!!
  4. ウィーウィーン、ザッパーンと洗濯機が洗う
  5. 翌朝、冷たくなったPHS発見!!(すでに電源OFFの状態)
  6. 私「!!!。。。。」

冷たくなったPHS(携帯電話)との再開

全く反応しないPHSがそこにはありました。

「おぉ、PHSよ。でんげんがはいらないとはなさけない。。。」

「そなたに もういちど きかいを あたえよう。」

ということで毎度ながらネット検索を開始しました。

そこで知り得た情報を箇条書きで書いてみます。

水没したPHS・携帯電話に纏わるエピソード(情報収集)

やはり皆さんのPHS(スマホ・携帯電話)も水に沈んでいるようで

様々な噂や都市伝説などがありましたが

普通に考えて該当しそうだと思うことをまとめてみました。

水没したら守るルール

  1. 真水で洗うこと(不純物除去)
  2. 分解してできる限り水を拭き取ること(サビ防止)
  3. 電源を入れる事なかれ(電池ショート防止)

私は、真水で洗っていませんが分解して拭きました。

水没発覚後に電源を入れるテストをしていたのは内緒です。

水没に纏わる都市伝説

この都市伝説を信じたことが勝因でした。

  1. 水没から3日~3ヶ月したら使えるようになってた
  2. 水没当時は圏外だが、1ヶ月もすると普通に話せている
  3. 水没後、1~4年後に使えなくなる(徐々に増えたサビで)

自分の習慣に救われたという話

私は、デジモノは同時に2つ以上買うようにしています。

こう書くと変な感じですが、例として

デスクトップPCを買うなら家族分も含めて同じ機種・構成を購入します。

そうすると初期不良や数年後のトラブル時に

2台の差異から判断すればよいだけなのでシンプルです。

今回もWillcomのPHS(WX331K)は2台同時契約しています。

これが後で都市伝説を信じさせ、果てには復活劇につながりました。

次のページは「WillcomのPHS(WX331K)を分解してみた(乾燥!)」です。

裏ワザの記事一覧へ

  

ページ: 1 2

スポンサーリンク

最新記事