原道 N50 のUSBドライバーのインストール・設定手順

公開日: : 原道N50

原道 N50のファームウェア更新後(バージョン4.0.3)はUSBを接続しても

ストレージ認識することはあっても、adbが動作しません。

しかも過去に使用したドライバーも通用しなくなっています。

今回は、ドライバーファイルの加工からインストール・設定までの手順を記録しておきます。

n50-driver-install07

スポンサーリンク

原道 N50 のUSBドライバーの導入まで

はじめに状況を確認しておきます。

導入の参考にして戴く際は、自己責任のうえ作業を行いください。

  • パソコン側:Windows7 64bit版
  • タブレット:原道 N50
    (GTですがモデルによるドライバー差異は無いような記述もありました。
    今回、ALL版というGT等を全て含めたドライバーだと思います。)

USBドライバーのinfファイルの加工

はじめにUSBドライバーを認識させる為の重要な設定を行ないます。

android-SDKがインストール済みであることが条件です。

  1. androidSDKフォルダを開きます。
    環境により設置フォルダが異なります
    (注意)「¥」が全角になっています。

    C:¥Program Files¥Android¥android-sdk¥extras¥google¥usb_driver
    C:¥Program Files (x86)¥Android¥android-sdk¥extras¥google¥usb_driver

  2. 次にファイル「android_winusb.inf」をメモ帳や秀丸で開きます。
  3. ファイルを開いたら【[Google.NTx86]】セクション内に以下の3行を追記します。
    (注意)「¥」が全角になっています。

    ;Google N50 
    %SingleAdbInterface% = USB_Install, USB¥VID_2207&PID_0006&Rev_0222
    %CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB¥VID_2207&PID_0006&MI_01
  4. 保存して閉じます。
    手順1のフォルダをメモしておくと後々作業が楽になります。

原道 N50 のUSBドライバーをインストールする

ドライバーをインストールする前にハードウェアの準備を行ないます。

  1. 原道 N50の電源を入れておきます。
  2. 原道 N50とパソコンをUSBで接続します。
  3. 「ドライバーのインストールに失敗~」というバルーンが表示されると思います。
  4. デバイスマネージャを起動します。
    (Windowsキーを押した後に「devmgmt.msc」と入力してEnterキーで起動します)
  5. 「N50」に警告マークが付いています。
    アイコン上で右クリックして「ドライバーの更新」を選択します。
    n50-driver-install01
  6. ここでは手動を選択します。
    n50-driver-install02
  7. 参照フォルダは、先ほどの「USBドライバーのinfファイルの加工」でメモした場所です。
    画像を参考にDriverフォルダを選択します。
    n50-driver-install09
  8. これは失敗例です。
    いや、わざと失敗したんですよ。。。記録のために。。。
    手順9からが成功例です。
    n50-driver-install04
  9. 成功するとドライバーのインストールが始まります。
    n50-driver-install06
  10. ドライバーがインストールされました。
    n50-driver-install07
  11. デバイスマネージャーでドライバーが正しく認識されました。
    n50-driver-install08

原道 N50のUSBドライバーインストールは、以上で完了です。

タブクルでも同時進行で原道 N70双撃のFW更新しておりまして

原道兄弟を一緒に作業したものだから画像管理が大変でした。

原道 N70双撃の方はFW更新後にパワーアップしてましたが

原道 N50は、どうなっているでしょうか

あとでテストしてみたいと思います。

原道N50の記事一覧へ

  

スポンサーリンク