両面ディスプレイのスマホ「YotaPhone」が興味深いという話、スペックとか

公開日: : 海外スマホ

両面ディスプレイのスマートフォン「YotaPhone」をロシアの企業は発表しています。

両面に搭載された4.3インチ液晶は、それぞれ異なる液晶という点が特徴です。

前面は JDI LCD ディスプレイで 背面が E-Ink で ゴリラガラス採用。

E-Inkと言うことは電源OFFでも好きな画像を表示できるということであり。。。

Russian-YotaPhone-1

スポンサーリンク

「YotaPhone」のスペック

YotaPhone」のスペックを記録したいと思います。

発売時期は、2013年Q3(7~9月)なので仕様は変更されると思われます。

OSは、最新版 Android 4.2 Jelly Bean を採用予定

CPUは「 Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960 Dual-core (1.5GHz)搭載。

RAMは、2GBとなっています。

ストレージは 32GB / 64GBのいずれかを選べるようです。

サイズ(重量)は 131×67×9.9mm(140g)。

解像度は 1280×720 となっています。

通信機能は LTE通信に対応しています。

その他にもBluetooth搭載、NFC、GPSなども対応しています。

気になるバッテリーですが 2100mAh ということです。

「YotaPhone」の魅力を考える

YotaPhone」はモノクロ電子ペーパー技術「E-Ink」の背面搭載が魅力です。

電源を切っても描画は消えないのでスマホのカバーとしてりんごマークにしたり

実用的にレシピやToDo、地図情報を載せておいたりと活用できそうです。

Android 端末は違いをアピールするのが難しい状況になっていますが

両面ディスプレイと防水は需要ありそうな気がしてきました。

Source : engadget

海外スマホの記事一覧へ

  

スポンサーリンク

最新記事