プチ文鎮化した 原道 N50 の復活までの道のり

公開日: : 原道N50

前回のファームウェア更新時に原道 N50 がプチ文鎮化しました。

その症状と原因、そして解決策を記録しておきます。

n50-updated02

スポンサーリンク

原道 N50 がプチ文鎮化した原因

前回の記事に詳しく記載しましたが

文鎮化した原因は、古いバージョンで更新をしたためと思われます。

ファームウェア更新の作業自体は問題なく進み再起動も普通でした。

しかし、起動後にプチ文鎮化がはじまりました。

プチ文鎮化の症状

下の画像を見て頂くとわかりますが、原道 N50 の起動に問題はありませんし

このようにロック画面までは進みます。

n50-updated01

しかし、タッチスクリーンが一切反応しません。

準ハードウェアキーのような「バック」「ホーム」「メニュー」ボタンも無反応です。

はい、怖いですねぇ、恐ろしぃですねぇ

。。。

あれやこれや触っていると「電源ボタン」が反応することが判明しました。

思わず長押しすると電源オフの表示がでました!

n50-updated02

そこで気づくわけです。

タップができないんだった!

。。。

。。。

リセットボタンがあったはずと検索してリセットボタンを見つけました。

(その瞬間、直接ハードウェアを見ればよかったと気づいて大変ショックを受けました)

。。。

さっそくリセットボタンを押します。

再起動しました!

。。。

全く反応しない状況に戻ってしまいました。。。

まとめ

プチ文鎮化とは、起動はしてもタップが反応しない状態ということで命名しました。

反応するハードウェアキーは「電源ボタン」と「リセットボタン」だけです。

原道 N50 を開放せよっ!

困ったことにリセットしても再起動するだけです。

このままでは、ほとんど原道 N50を 使うことなくお別れです。

ミスチルの曲が流れました。

「さよならだね、引き止めても君は出ていく」

。。。

って、ちょっと待てぃ!!

。。。

USB挿した状態で音量(+)ボタンを押したままリセットしたら?

そう思いつき実行してみました。

。。。

再起動しません。。ょ?

。。。

ふと思いファームウェア更新ツールを起動しました。

緑色に点灯していれば成功ですが。。。

感涙。。。

この状態になったら私のターンです。

ファームウェア(imgファイル)を最新へ変更して再度アップグレードします。

更新中はハラハラしましたが無事に還ってきてくれました。

これから色々と使ってあげようと誓いながら

原道 N50 の電源をオフにしました。

原道N50の記事一覧へ

  

スポンサーリンク